2014年6月1日日曜日

「オオモンハタ中華風蒸し物」うまかった。

マグロが印南の方で出ているとのはなしを聞いたので、若い人たちと行ってきました。
結果は全くダメで何処に居るのかさえ解らない有様でした。
その上水温計が壊れている事に最初気がつかず、あちこちウロウロしてしまい。大失敗。

マグロはダメでも、いつものオオモハタやサバフグ、訳の分からない魚も釣れて。気を紛らわしてくれます。
am4時30分に出船、pm4時30分に帰港。若者と一緒の12時間の釣行で疲れましたが、気持ちの良い物です。

私はオオモンハタを1匹だけお持ち帰り。
妻に中華風の蒸し物にしてとお願い。
蒸し器に入らないので頭と尻尾を落として・・・
骨が硬く出刃では無理なので、剪定ばさみでバッサリ。

蒸し上がるとゴマ油と香味醤油をアツアツにしたものをかけて、出来上がり。
けっこう大きかったですが、妻と二人、ピールを飲みながら1匹食べてしまいました。

うまかった、うまかった。


0 件のコメント:

コメントを投稿